​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

シンポジウムのお知らせ

日本18世紀学会では、下記のシンポジウムを後援いたします。参加をご希望の方は、リンク先からお申し込みください。

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/lecture.html


シンポジウム「書物の記述・世界の記述――書誌が描く18世紀啓蒙の世界」


【日時】 2019年12月20日(金) 13:30-16:45予定 (13:00受付開始)


【会場】 一橋大学佐野書院 (東京都国立市中2-17-35, 国立西キャンパス26番の建物)


【プログラム】

モデレーター : 福島知己(帝京大学経済学部) 13:30-14:20 「旧体制下フランスにおける地下出版――リヨンの印刷業者ブリュイゼ による海賊版『エミール』(1762年)の舞台裏」                        坂倉裕治(早稲田大学教育・総合科学学術院) 14:20-15:10 「書誌学と思想史研究をつなぐ――書誌から読み解く『百科全書』――」                        小関武史(一橋大学大学院法学研究科) 15:10-15:25  休憩 15:25-16:15 「西洋古典籍の書誌学的研究成果と図書館総合目録への反映 ――現状と                      課題について――」                        松波京子(名古屋大学附属図書館研究開発室) 16:15-16:45  全体討論


【参加申込】 参加申込フォーム(上記リンク先にございます)からお申込をお願いしま

       す。


【主催】 「啓蒙の言説圏と浮動する知の境界:貴重書・手稿・デジタル資料を総合した

     18世紀研究」(科研費基盤研究B)研究グループ

【協賛】 一橋大学社会科学古典資料センター

【後援】 日本18世紀学会


問い合わせ先

一橋大学 学術・図書部 学術情報課 古典資料係

〒186-8602 東京都国立市中2-1

TEL.042-580-8248




最新記事

すべて表示

第42回大会の代替措置について

今年度の第42回大会は、2020年6月27日(土)、28日(日)に明治大学(駿河台キャンパス)で開かれる予定でしたが、実地での開催を中止いたしました。しかし、発表者、提題者、関係者と協議し、幹事会として適切な方法を検討した結果、予定されていたプログラムの一部を会員に提供することにいたします。 詳しくはこちらの文書「第42回大会の代替措置について」をご覧ください(PDFが開きます)。

日本18世紀学会

〒186-8601 東京都国立市中2-1
一橋大学大学院言語社会研究科 

小関武史研究室
日本18世紀学会事務局

Tel. 042-580-9035

Mail: jsecs18[[at]]gmail.com([[at]] を @ に)