​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

ロシアによるウクライナ侵攻に関する国際18世紀学会会長の声明


ロシアによるウクライナ侵攻に関して、Penelope J. Corfield国際18世紀学会会長が声明を発出しました。原語の英語版とフランス語版に日本語訳を添えて、以下の通り日本18世紀学会のサイトに掲出します。


〔英語版〕

As President of the International Society for Eighteenth-Century Studies, on behalf of all our members, I express our total support for the people of Ukraine, its Universities, our Ukrainian colleagues who join us in eighteenth-century studies, and all Ukrainian-born colleagues and students everywhere, in their just resistance to armed invasion. Signed: Penelope J. Corfield.


〔フランス語版〕

À titre de Présidente de la Société internationale d'étude du dix-huitième siècle, et au nom de tous nos membres, j'exprime notre soutien inconditionnel au peuple de l'Ukraine, à ses universités, à nos collègues de la société ukrainienne d’étude du dix-huitième siècle, et à tous nos collègues et étudiants d'origine ukrainienne à travers le monde, dans leur juste résistance face à l'invasion armée. Signé, Penelope J. Corfield.


〔日本語訳〕

ウクライナ国民、同国の諸大学、ウクライナ18世紀学会員、全世界のウクライナ出身の研究者ならびに学生たちによる軍事侵攻への正当な抵抗運動を、全面的に支援することをここに表明します。


本学会所属のすべての会員を代表して

ペネロペ・コーフィールド 国際18世紀学会会長

最新記事

すべて表示

国際18世紀学会の第16回大会は、2023年7月3日(月)から7日(金)までの日程で、イタリアのローマで開催されます。 すでに大会用のサイトが設けられており、発表申込の受付が始まっています。二段階に分けられています。 2022年4月30日~9月15日:パネルとラウンドテーブル 2022年10月15日~2023年1月31日:個人 発表言語は、英語、フランス語、イタリア語です。詳細については、上記の大