top of page

​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

日本18世紀学会研究会


報告者:小関武史(一橋大学)

コメンテーター:逸見龍生(新潟大学) タイトル:切り裂かれた『百科全書』

要旨:一橋大学社会科学古典資料センターが所蔵するジュネーヴ版『百科全書』第2巻には、ページを切り取ったり文章の一部をインクで塗りつぶしたりした跡が随所に見られる。それらは偶然の事故ではなく、ある時期の所有者が明確な意図をもって施した損傷行為であるように思われる。一体誰の所業なのか。損傷箇所を具体的に検証しつつ、謎に迫りたい。

日時:2019年12月21日(土)15時45分~16時45分 場所:一橋講堂 特別会議室101 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内 http://www.hit-u.ac.jp/hall/accessjp.html 主催:日本18世紀学会

問い合わせ先: jsecs18[[at]]gmail.com([[at]] を @ に)

協賛:「啓蒙の言説圏と浮動する知の境界:貴重書・手稿・デジタル資料を総合した18世紀研究」(科研費基盤研究B)研究グループ、および「『百科全書』の編集史的研究:知の生成と転位」(科研費基盤研究B)研究グループ。


備考:一般参加可・事前予約不要

最新記事

すべて表示

このたび丸善出版より、日本18世紀学会が編纂の主体を務めた『啓蒙思想の百科事典』(日本18世紀学会 啓蒙思想の百科事典編集委員会編)が刊行されました。長尾伸一編集委員長による「刊行にあたって」の言葉を引くと、「本書はわが国で初めて出版される啓蒙思想の事典」であり、「啓蒙思想の全体を通覧できる事典は今まで存在しなかった」と言えるものです。内容については、版元の紹介ページをご覧ください。啓蒙思想につい

2022年8月8日、国際18世紀学会のPenelope J. Corfield会長は以下のようなメッセージを発出しました。 2022年8月4日、我々は、現在の戦争危機に対応するため、慎重な議論の後、ウクライナとロシアそれぞれの学会からの声明に照らして、一つの大きな決定を行った。両国の声明に関しては、同日、オンラインで参加した両国の代表が発言し、補完した。 以下の4項目のISECS方針声明は、参考の

2022年12月21日に日本学術会議総会において決定・発出された「声明・内閣府『日本学術会議の在り方についての方針』(令和4年12月6日)について再考を求めます」に賛同します。 2023年1月16日 日本18世紀学会幹事会

bottom of page