​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

日本18世紀学会研究会


報告者:小関武史(一橋大学)

コメンテーター:逸見龍生(新潟大学) タイトル:切り裂かれた『百科全書』

要旨:一橋大学社会科学古典資料センターが所蔵するジュネーヴ版『百科全書』第2巻には、ページを切り取ったり文章の一部をインクで塗りつぶしたりした跡が随所に見られる。それらは偶然の事故ではなく、ある時期の所有者が明確な意図をもって施した損傷行為であるように思われる。一体誰の所業なのか。損傷箇所を具体的に検証しつつ、謎に迫りたい。

日時:2019年12月21日(土)15時45分~16時45分 場所:一橋講堂 特別会議室101 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内 http://www.hit-u.ac.jp/hall/accessjp.html 主催:日本18世紀学会

問い合わせ先: jsecs18[[at]]gmail.com([[at]] を @ に)

協賛:「啓蒙の言説圏と浮動する知の境界:貴重書・手稿・デジタル資料を総合した18世紀研究」(科研費基盤研究B)研究グループ、および「『百科全書』の編集史的研究:知の生成と転位」(科研費基盤研究B)研究グループ。


備考:一般参加可・事前予約不要

最新記事

すべて表示

国際18世紀学会若手セミナーのご案内

国際18世紀学会は若手研究者の育成を重要な目的として、以下の通り「18世紀の戦時下における認識と記憶」をテーマとした若手セミナーを開催します。 日程:2022年9月25日~30日 場所:オーストリア南部ライプニッツ郡セッカウ城 主催:東南ヨーロッパ18世紀学会(Society for Eighteenth Century Studies on South Eastern Europe) 募集定員:

ハラスメント防止に向けた取り組み

2021年6月26日(土)の総会で承認されました「日本18世紀学会 ハラスメント防止宣言」および「日本18世紀学会 ハラスメント防止ガイドライン」を掲載しました。相談の手順などの詳細は、ハラスメント防止に向けた取り組みのページにてご確認ください。