​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

日本18世紀学会研究会


報告者:小関武史(一橋大学)

コメンテーター:逸見龍生(新潟大学) タイトル:切り裂かれた『百科全書』

要旨:一橋大学社会科学古典資料センターが所蔵するジュネーヴ版『百科全書』第2巻には、ページを切り取ったり文章の一部をインクで塗りつぶしたりした跡が随所に見られる。それらは偶然の事故ではなく、ある時期の所有者が明確な意図をもって施した損傷行為であるように思われる。一体誰の所業なのか。損傷箇所を具体的に検証しつつ、謎に迫りたい。

日時:2019年12月21日(土)15時45分~16時45分 場所:一橋講堂 特別会議室101 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内 http://www.hit-u.ac.jp/hall/accessjp.html 主催:日本18世紀学会

問い合わせ先: jsecs18[[at]]gmail.com([[at]] を @ に)

協賛:「啓蒙の言説圏と浮動する知の境界:貴重書・手稿・デジタル資料を総合した18世紀研究」(科研費基盤研究B)研究グループ、および「『百科全書』の編集史的研究:知の生成と転位」(科研費基盤研究B)研究グループ。


備考:一般参加可・事前予約不要

最新記事

すべて表示

日本学術会議会員任命拒否に関する声明支持(日本18世紀学会・代表幹事経験者有志)

逸見龍生日本18世紀学会代表幹事が2020年10月7日付に出された「政府による日本学術会議新会員任命拒否についての声明」、ならびに日本18世紀学会幹事会が発出団体として加わっている2020年11月6日付の「日本学術会議第25期推薦会員任命拒否に関する人文・社会科学系学協会共同声明」を支持いたします。 2020年11月14日 日本18世紀学会・代表幹事経験者有志 水田洋 鷲見洋一 安藤隆穂 佐々木健

EAIHN Online Seminar Seriesのお知らせ

日本18世紀学会では、下記のオンライン・セミナーを後援いたします。皆様どうぞふるってご参加下さい。 EAIHN Online Seminar Series Supported by the European Studies Programme, Seoul National University (ソウル国立大学) 東アジア思想史ネットワーク (East Asian Intellectual Hi

日本18世紀学会

〒186-8601 東京都国立市中2-1
一橋大学大学院言語社会研究科 

小関武史研究室
日本18世紀学会事務局

Tel. 042-580-9035

Mail: jsecs18[[at]]gmail.com([[at]] を @ に)