top of page

​最新情報

  • 執筆者の写真日本18世紀学会事務局

【訃報】水田洋会員ご逝去について

本学会の創立から現在に至るまで日本18世紀学会の活動を支えていただきました水田洋会員が2023年2月3日、老衰のため名古屋市内の病院でご逝去なさいました。


水田洋先生は、軍国主義による知の閉塞の時代のなか若き学徒として学問を始められ、捕虜収容所の経験を経て帰国、戦後は、多くの同時代の世界的研究者と交流しながら、該博な学識と自由な批判精神をもって学界を牽引し、アダム・スミス研究を始めとする啓蒙思想研究など日本の社会思想史学の水準を国際的なレベルまで高められました。


先生の提唱された「思想の国際転位」という比較思想史的な学問的方法とアプローチは、一国の枠組みやひとつの専門領域に知を閉じこめるのではなく、たえず境界を超えて結びあい、ほつれあって拡がっていく「旅をする思想」の多層的で動的な交流・ネットワークの像にこそ、現代のアクチュアリティとも通い合う思想の活き活きとした営みを見出せるとするものでした。


水田洋先生の偉業を一貫しているこうした批判精神の発露と、国際的・学際的な変容と相互連関への強い関心は、私たち日本18世紀学会の学会としてのありかたのすみずみまで深く浸透している、精神的な水脈となっています。


先生の永年にわたる国内外の学界へのご貢献を偲びますとともに、本会として深く哀悼の意を表します。


2023年2月6日 

日本18世紀学会

最新記事

すべて表示

このたび丸善出版より、日本18世紀学会が編纂の主体を務めた『啓蒙思想の百科事典』(日本18世紀学会 啓蒙思想の百科事典編集委員会編)が刊行されました。長尾伸一編集委員長による「刊行にあたって」の言葉を引くと、「本書はわが国で初めて出版される啓蒙思想の事典」であり、「啓蒙思想の全体を通覧できる事典は今まで存在しなかった」と言えるものです。内容については、版元の紹介ページをご覧ください。啓蒙思想につい

2022年8月8日、国際18世紀学会のPenelope J. Corfield会長は以下のようなメッセージを発出しました。 2022年8月4日、我々は、現在の戦争危機に対応するため、慎重な議論の後、ウクライナとロシアそれぞれの学会からの声明に照らして、一つの大きな決定を行った。両国の声明に関しては、同日、オンラインで参加した両国の代表が発言し、補完した。 以下の4項目のISECS方針声明は、参考の

bottom of page