top of page

​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

EAIHN Online Seminar Seriesのお知らせ

日本18世紀学会では、下記のオンライン・セミナーを後援いたします。皆様どうぞふるってご参加下さい。


EAIHN Online Seminar Series

Supported by the European Studies Programme, Seoul National University (ソウル国立大学)

東アジア思想史ネットワーク (East Asian Intellectual History Network)

主催:18世紀啓蒙と歴史叙述研究会

共催:ソウル国立大学・ヨーロッパ研究プログラム

後援:日本18世紀学会

1st EAIHN Online Seminar

October 28th (Wed.), 2020. 7pm-9pm (JST/KST)

Speakers: Paul Tonks & Michael Ratnapalan (Yonsei University, Seoul)

Paper title: Bound 'together by the golden thread of a common tradition'? Decolonisation and the complex British relationships of South Asian Leaders

Discussants: Nathan Alexander and Hiroki UENO (Hitotsubashi University, Tokyo)

Chair: Doohwan AHN (Seoul National University)

2nd EAIHN Online Seminar

November 25th (Wed.), 2020. 7pm-9pm

Speaker: Tanvi Solanki (Yonsei University)

Paper title: Listening to Difference: Race, Culture, and Aesthetics in the German Enlightenment

Discussants: Hiroki UENO (provisional) and Yoko IOKU (Tokyo University of the Arts)

Chair: Doohwan AHN (provisional)

3rd EAIHN Online Seminar

December 16th (Wed.), 2020. 7pm-9pm

Speaker: Joshua Ehrlich (University of Macau)

Paper title: The East India Company and the Late Enlightenment

Discussants: Sora SATO (Toyo University, Tokyo), Doohwan AHN (provisional)

Chair: Hiroki UENO (provisional)

* We plan to pre-circulate a paper for each conference in order for participants to be able to read in advance. Presentations would be about 20-25 minutes each, and the speakers would not read a full paper there.

* Please contact us via the following Google Form (hopefully, by 27th October) to join the first seminar. We will inform you of the Zoom links, and send a full paper. If you could not access, please contact UENO Hiroki [上野大樹]: h.ueno83[at]gmail.com

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfdNCjI_C67cZgQ_rusomcQ8zbHe74_DkABhW44C33tI0F5bQ/viewform?usp=sf_link

最新記事

すべて表示

このたび丸善出版より、日本18世紀学会が編纂の主体を務めた『啓蒙思想の百科事典』(日本18世紀学会 啓蒙思想の百科事典編集委員会編)が刊行されました。長尾伸一編集委員長による「刊行にあたって」の言葉を引くと、「本書はわが国で初めて出版される啓蒙思想の事典」であり、「啓蒙思想の全体を通覧できる事典は今まで存在しなかった」と言えるものです。内容については、版元の紹介ページをご覧ください。啓蒙思想につい

2022年8月8日、国際18世紀学会のPenelope J. Corfield会長は以下のようなメッセージを発出しました。 2022年8月4日、我々は、現在の戦争危機に対応するため、慎重な議論の後、ウクライナとロシアそれぞれの学会からの声明に照らして、一つの大きな決定を行った。両国の声明に関しては、同日、オンラインで参加した両国の代表が発言し、補完した。 以下の4項目のISECS方針声明は、参考の

2022年12月21日に日本学術会議総会において決定・発出された「声明・内閣府『日本学術会議の在り方についての方針』(令和4年12月6日)について再考を求めます」に賛同します。 2023年1月16日 日本18世紀学会幹事会

bottom of page