​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

EAIHN Online Seminar Seriesのお知らせ

日本18世紀学会では、下記のオンライン・セミナーを後援いたします。皆様どうぞふるってご参加下さい。


EAIHN Online Seminar Series

Supported by the European Studies Programme, Seoul National University (ソウル国立大学)

東アジア思想史ネットワーク (East Asian Intellectual History Network)

主催:18世紀啓蒙と歴史叙述研究会

共催:ソウル国立大学・ヨーロッパ研究プログラム

後援:日本18世紀学会

1st EAIHN Online Seminar

October 28th (Wed.), 2020. 7pm-9pm (JST/KST)

Speakers: Paul Tonks & Michael Ratnapalan (Yonsei University, Seoul)

Paper title: Bound 'together by the golden thread of a common tradition'? Decolonisation and the complex British relationships of South Asian Leaders

Discussants: Nathan Alexander and Hiroki UENO (Hitotsubashi University, Tokyo)

Chair: Doohwan AHN (Seoul National University)

2nd EAIHN Online Seminar

November 25th (Wed.), 2020. 7pm-9pm

Speaker: Tanvi Solanki (Yonsei University)

Paper title: Listening to Difference: Race, Culture, and Aesthetics in the German Enlightenment

Discussants: Hiroki UENO (provisional) and Yoko IOKU (Tokyo University of the Arts)

Chair: Doohwan AHN (provisional)

3rd EAIHN Online Seminar

December 16th (Wed.), 2020. 7pm-9pm

Speaker: Joshua Ehrlich (University of Macau)

Paper title: The East India Company and the Late Enlightenment

Discussants: Sora SATO (Toyo University, Tokyo), Doohwan AHN (provisional)

Chair: Hiroki UENO (provisional)

* We plan to pre-circulate a paper for each conference in order for participants to be able to read in advance. Presentations would be about 20-25 minutes each, and the speakers would not read a full paper there.

* Please contact us via the following Google Form (hopefully, by 27th October) to join the first seminar. We will inform you of the Zoom links, and send a full paper. If you could not access, please contact UENO Hiroki [上野大樹]: h.ueno83[at]gmail.com

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfdNCjI_C67cZgQ_rusomcQ8zbHe74_DkABhW44C33tI0F5bQ/viewform?usp=sf_link

最新記事

すべて表示

国際18世紀学会の第16回大会は、2023年7月3日(月)から7日(金)までの日程で、イタリアのローマで開催されます。 すでに大会用のサイトが設けられており、発表申込の受付が始まっています。二段階に分けられています。 2022年4月30日~9月15日:パネルとラウンドテーブル 2022年10月15日~2023年1月31日:個人 発表言語は、英語、フランス語、イタリア語です。詳細については、上記の大

ロシアによるウクライナ侵攻に関して、Penelope J. Corfield国際18世紀学会会長が声明を発出しました。原語の英語版とフランス語版に日本語訳を添えて、以下の通り日本18世紀学会のサイトに掲出します。 〔英語版〕 As President of the International Society for Eighteenth-Century Studies, on behalf of