​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

EAIHN Online Seminar Seriesのお知らせ

日本18世紀学会では、下記のオンライン・セミナーを後援いたします。皆様どうぞふるってご参加下さい。


EAIHN Online Seminar Series

Supported by the European Studies Programme, Seoul National University (ソウル国立大学)

東アジア思想史ネットワーク (East Asian Intellectual History Network)

主催:18世紀啓蒙と歴史叙述研究会

共催:ソウル国立大学・ヨーロッパ研究プログラム

後援:日本18世紀学会

1st EAIHN Online Seminar

October 28th (Wed.), 2020. 7pm-9pm (JST/KST)

Speakers: Paul Tonks & Michael Ratnapalan (Yonsei University, Seoul)

Paper title: Bound 'together by the golden thread of a common tradition'? Decolonisation and the complex British relationships of South Asian Leaders

Discussants: Nathan Alexander and Hiroki UENO (Hitotsubashi University, Tokyo)

Chair: Doohwan AHN (Seoul National University)

2nd EAIHN Online Seminar

November 25th (Wed.), 2020. 7pm-9pm

Speaker: Tanvi Solanki (Yonsei University)

Paper title: Listening to Difference: Race, Culture, and Aesthetics in the German Enlightenment

Discussants: Hiroki UENO (provisional) and Yoko IOKU (Tokyo University of the Arts)

Chair: Doohwan AHN (provisional)

3rd EAIHN Online Seminar

December 16th (Wed.), 2020. 7pm-9pm

Speaker: Joshua Ehrlich (University of Macau)

Paper title: The East India Company and the Late Enlightenment

Discussants: Sora SATO (Toyo University, Tokyo), Doohwan AHN (provisional)

Chair: Hiroki UENO (provisional)

* We plan to pre-circulate a paper for each conference in order for participants to be able to read in advance. Presentations would be about 20-25 minutes each, and the speakers would not read a full paper there.

* Please contact us via the following Google Form (hopefully, by 27th October) to join the first seminar. We will inform you of the Zoom links, and send a full paper. If you could not access, please contact UENO Hiroki [上野大樹]: h.ueno83[at]gmail.com

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfdNCjI_C67cZgQ_rusomcQ8zbHe74_DkABhW44C33tI0F5bQ/viewform?usp=sf_link

最新記事

すべて表示

日本学術会議会員任命拒否に関する声明支持(日本18世紀学会・代表幹事経験者有志)

逸見龍生日本18世紀学会代表幹事が2020年10月7日付に出された「政府による日本学術会議新会員任命拒否についての声明」、ならびに日本18世紀学会幹事会が発出団体として加わっている2020年11月6日付の「日本学術会議第25期推薦会員任命拒否に関する人文・社会科学系学協会共同声明」を支持いたします。 2020年11月14日 日本18世紀学会・代表幹事経験者有志 水田洋 鷲見洋一 安藤隆穂 佐々木健

政府による日本学術会議新会員任命拒否についての声明

日本学術会議会員の任命拒否撤回を強く政府に求めます 2020年10月1日、菅義偉内閣総理大臣は、日本学術会議が推薦した一部の新会員候補者の任命を理由の説明なく拒否したと報じられています。 日本学術会議は、人文社会・自然科学全領域に及ぶ、日本の科学者の代表権を法的に付与された組織であり、「科学の向上発達と行政、産業及び国民生活に科学を反映浸透させること」を目的とし、そのために政府に勧告すること

日本18世紀学会

〒186-8601 東京都国立市中2-1
一橋大学大学院言語社会研究科 

小関武史研究室
日本18世紀学会事務局

Tel. 042-580-9035

Mail: jsecs18[[at]]gmail.com([[at]] を @ に)