top of page

​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

自由論題発表者追加募集

40回大会(2018年6月23日、24日)での自由論題発表者を追加募集します。

〆切延長

2018年3月31日(土)まで


・・・・・・・・


日本18世紀学会は、京都大学で行われる第40回大会(6月23、24日)での自由論題発表者を追加で募集いたします。〆切を3月31日(土)まで延長いたしますので、ふるってお申し込みください。皆さまのご応募をお待ち申し上げております。また、会員の皆さまにおかれましては身近な研究者の方々に発表をお奨めいただくなどご協力をいただければまことに幸いでございます。公募要領は以下の通りです。


第40回大会で発表を希望される会員は、1000字以内の発表要旨をつけて、2018年3月31日(土)までに学会事務局宛、郵便かメールでお申し込みください。郵送の場合、要旨のプリントアウト原稿および電子ファイル(「ワード」形式で作成されたもの)の両方をお送りください。メールの場合は、要旨を添付ファイル(「ワード」形式)またはメール本文にコピーしてお送りください。報告の採用の可否は幹事会で審査し、事務局から後日お知らせいたします。


日本18世紀学会事務局

http://www.gakkai.ac/jsecs/

Mail: jsecs[[at]]l.u-tokyo.ac.jp

([[at]] を @ に)

最新記事

すべて表示

このたび丸善出版より、日本18世紀学会が編纂の主体を務めた『啓蒙思想の百科事典』(日本18世紀学会 啓蒙思想の百科事典編集委員会編)が刊行されました。長尾伸一編集委員長による「刊行にあたって」の言葉を引くと、「本書はわが国で初めて出版される啓蒙思想の事典」であり、「啓蒙思想の全体を通覧できる事典は今まで存在しなかった」と言えるものです。内容については、版元の紹介ページをご覧ください。啓蒙思想につい

2022年8月8日、国際18世紀学会のPenelope J. Corfield会長は以下のようなメッセージを発出しました。 2022年8月4日、我々は、現在の戦争危機に対応するため、慎重な議論の後、ウクライナとロシアそれぞれの学会からの声明に照らして、一つの大きな決定を行った。両国の声明に関しては、同日、オンラインで参加した両国の代表が発言し、補完した。 以下の4項目のISECS方針声明は、参考の

2022年12月21日に日本学術会議総会において決定・発出された「声明・内閣府『日本学術会議の在り方についての方針』(令和4年12月6日)について再考を求めます」に賛同します。 2023年1月16日 日本18世紀学会幹事会

bottom of page