top of page

​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

第41回全国大会プログラム(託児所・ベビーシッターの利用について)

既報の日本18世紀学会第41回全国大会(2019年6月8日、9日 中部大学)につきまして、時間、アクセス等詳細を含みます大会プログラムが完成いたしました。下記リンクよりダウンロードしてご利用下さい。


日本18 世紀学会第41 回全国大会プログラム*.pdf

・大会における託児所・ベビーシッターの利用について ・当学会では、子育て中の会員も大会に参加しやすいように、会場校に託児スペースを用意し、利用者半額負担で、業者委託の託児請負サーヴィスを提供いたします。大会会場でのこの託児請負サーヴィスのご希望は、大会出欠葉書でも受け付けておりますが、同時に可能な限りメールでも学会事務局(jsecs@l.u-tokyo.ac.jp)に5月17日(金)までに直接お申し出くださるようお願いいたします。また、会員個人による託児所・保育所・ベビーシッター等を利用される場合も、学会が保育費の半額を負担いたします。いずれも詳しくは、上記「第41回全国大会プログラム」の5頁をご覧ください。

*本大会では期日までに参加希望者からの要望がございませんでしたので、大会会場の託児所は設置いたしません。会員自身で託児所をご利用いただいた際には半額援助をおこないます。川島慶子会員よりご紹介の名古屋市内の託児所(JR鶴舞(つるまい)駅近く(JR名古屋駅と大学最寄りのJR神領駅の中間です))について情報をお伝えすることも可能ですので、必要な場合には事務局までご連絡ください。

最新記事

すべて表示

このたび丸善出版より、日本18世紀学会が編纂の主体を務めた『啓蒙思想の百科事典』(日本18世紀学会 啓蒙思想の百科事典編集委員会編)が刊行されました。長尾伸一編集委員長による「刊行にあたって」の言葉を引くと、「本書はわが国で初めて出版される啓蒙思想の事典」であり、「啓蒙思想の全体を通覧できる事典は今まで存在しなかった」と言えるものです。内容については、版元の紹介ページをご覧ください。啓蒙思想につい

2022年8月8日、国際18世紀学会のPenelope J. Corfield会長は以下のようなメッセージを発出しました。 2022年8月4日、我々は、現在の戦争危機に対応するため、慎重な議論の後、ウクライナとロシアそれぞれの学会からの声明に照らして、一つの大きな決定を行った。両国の声明に関しては、同日、オンラインで参加した両国の代表が発言し、補完した。 以下の4項目のISECS方針声明は、参考の

2022年12月21日に日本学術会議総会において決定・発出された「声明・内閣府『日本学術会議の在り方についての方針』(令和4年12月6日)について再考を求めます」に賛同します。 2023年1月16日 日本18世紀学会幹事会

bottom of page