top of page

​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

国際18世紀学会若手研究者セミナー参加者募集【添付資料追加有】


国際18世紀学会若手研究者セミナー参加者募集


来年、2018年の国際18世紀学会若手研究者セミナーは、ローマの近郊都市ヴィテルボにあるトゥーシア大学にて開催の予定です。参加には審査がありますが、学会から費用の補助もありますので、奮ってご応募ください。


テーマ:"Silence in eighteenth-centuryarts, history and philosophy"

日程:2018年9月10日~14日

会場:トゥーシア大学(ヴィテルボ:ローマの近郊都市、イタリア)

申し込み締め切り:2018年1月30日


(必要書類等、詳細については以下のpdfをご参照ください。)

ISECS Seminar 2018 Viterbo_CfP.pdf

ISECS Seminar Viterbo 2018 Schedule.pdf

Le silence Appel à contributions.docx


参加資格:博士号取得6年以内の方が優先される。



その他:宿泊費用と旅費が支給されます。交通費についてはイタリア国内の移動費用のみ支給される可能性があります(現在検討中とのこと)。セミナーでは発表の他グループディスカッションがあり、成果は毎年、パリのHonoréChampion社からLumières internationalesシリーズとして出版されます。



最新記事

すべて表示

このたび丸善出版より、日本18世紀学会が編纂の主体を務めた『啓蒙思想の百科事典』(日本18世紀学会 啓蒙思想の百科事典編集委員会編)が刊行されました。長尾伸一編集委員長による「刊行にあたって」の言葉を引くと、「本書はわが国で初めて出版される啓蒙思想の事典」であり、「啓蒙思想の全体を通覧できる事典は今まで存在しなかった」と言えるものです。内容については、版元の紹介ページをご覧ください。啓蒙思想につい

2022年8月8日、国際18世紀学会のPenelope J. Corfield会長は以下のようなメッセージを発出しました。 2022年8月4日、我々は、現在の戦争危機に対応するため、慎重な議論の後、ウクライナとロシアそれぞれの学会からの声明に照らして、一つの大きな決定を行った。両国の声明に関しては、同日、オンラインで参加した両国の代表が発言し、補完した。 以下の4項目のISECS方針声明は、参考の

2022年12月21日に日本学術会議総会において決定・発出された「声明・内閣府『日本学術会議の在り方についての方針』(令和4年12月6日)について再考を求めます」に賛同します。 2023年1月16日 日本18世紀学会幹事会

bottom of page