​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

国際18世紀学会若手研究者セミナー参加者募集【添付資料追加有】


国際18世紀学会若手研究者セミナー参加者募集


来年、2018年の国際18世紀学会若手研究者セミナーは、ローマの近郊都市ヴィテルボにあるトゥーシア大学にて開催の予定です。参加には審査がありますが、学会から費用の補助もありますので、奮ってご応募ください。


テーマ:"Silence in eighteenth-centuryarts, history and philosophy"

日程:2018年9月10日~14日

会場:トゥーシア大学(ヴィテルボ:ローマの近郊都市、イタリア)

申し込み締め切り:2018年1月30日


(必要書類等、詳細については以下のpdfをご参照ください。)

ISECS Seminar 2018 Viterbo_CfP.pdf

ISECS Seminar Viterbo 2018 Schedule.pdf

Le silence Appel à contributions.docx


参加資格:博士号取得6年以内の方が優先される。



その他:宿泊費用と旅費が支給されます。交通費についてはイタリア国内の移動費用のみ支給される可能性があります(現在検討中とのこと)。セミナーでは発表の他グループディスカッションがあり、成果は毎年、パリのHonoréChampion社からLumières internationalesシリーズとして出版されます。



最新記事

すべて表示

ロシアによるウクライナ侵攻に関して、Penelope J. Corfield国際18世紀学会会長が声明を発出しました。原語の英語版とフランス語版に日本語訳を添えて、以下の通り日本18世紀学会のサイトに掲出します。 〔英語版〕 As President of the International Society for Eighteenth-Century Studies, on behalf of