top of page

​最新情報

  • 執筆者の写真日本18世紀学会事務局

国際18世紀学会エジンバラ大会・論題募集

国際18世紀学会第15回大会は、2019年7月14日(日)〜19日(金)、エジンバラ大学(英国)にて開催されます。

本大会のテーマは‘Enlightenment Identities’/« Lumières et identités » です。

詳細につきましては以下の大会サイトをご覧ください。http://www.bsecs.org.uk/isecs/

論題募集につきましては、以下のPDFファイル(英語/仏語)に詳細が記されております。自由論題・ラウンドテーブル等の〆切は2019年2月1日(金)です。 CALL_FOR_PAPERS_EN.pdf APPEL_A_PAPIERS_FR.pdf

日本18世紀学会の会員は、国際18世紀学会に会員として登録されております。皆様ふるって御参加ください。

最新記事

すべて表示

人文学の学校KUNILABO ブックトークシリーズ2023 「『啓蒙思想の百科事典』で啓蒙思想に入門する」 日本18世紀学会の記念事業として『啓蒙思想の百科事典』が刊行されました。 事典は人文学のような学術にとっての最大の入口=ゲートの一つでもあるべきものです。しかし、実際には事典というものをどのように扱ってよいのか、戸惑う人も多いことでしょう。通常の書籍と違って、事典はどのページを開いて、どこか

本学会の創立から現在に至るまで日本18世紀学会の活動を支えていただきました水田洋会員が2023年2月3日、老衰のため名古屋市内の病院でご逝去なさいました。 水田洋先生は、軍国主義による知の閉塞の時代のなか若き学徒として学問を始められ、捕虜収容所の経験を経て帰国、戦後は、多くの同時代の世界的研究者と交流しながら、該博な学識と自由な批判精神をもって学界を牽引し、アダム・スミス研究を始めとする啓蒙思想研

bottom of page