top of page

​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

国際18世紀学会エジンバラ大会・論題募集

国際18世紀学会第15回大会は、2019年7月14日(日)〜19日(金)、エジンバラ大学(英国)にて開催されます。

本大会のテーマは‘Enlightenment Identities’/« Lumières et identités » です。

詳細につきましては以下の大会サイトをご覧ください。http://www.bsecs.org.uk/isecs/

論題募集につきましては、以下のPDFファイル(英語/仏語)に詳細が記されております。自由論題・ラウンドテーブル等の〆切は2019年2月1日(金)です。 CALL_FOR_PAPERS_EN.pdf APPEL_A_PAPIERS_FR.pdf

日本18世紀学会の会員は、国際18世紀学会に会員として登録されております。皆様ふるって御参加ください。

最新記事

すべて表示

このたび丸善出版より、日本18世紀学会が編纂の主体を務めた『啓蒙思想の百科事典』(日本18世紀学会 啓蒙思想の百科事典編集委員会編)が刊行されました。長尾伸一編集委員長による「刊行にあたって」の言葉を引くと、「本書はわが国で初めて出版される啓蒙思想の事典」であり、「啓蒙思想の全体を通覧できる事典は今まで存在しなかった」と言えるものです。内容については、版元の紹介ページをご覧ください。啓蒙思想につい

2022年8月8日、国際18世紀学会のPenelope J. Corfield会長は以下のようなメッセージを発出しました。 2022年8月4日、我々は、現在の戦争危機に対応するため、慎重な議論の後、ウクライナとロシアそれぞれの学会からの声明に照らして、一つの大きな決定を行った。両国の声明に関しては、同日、オンラインで参加した両国の代表が発言し、補完した。 以下の4項目のISECS方針声明は、参考の

2022年12月21日に日本学術会議総会において決定・発出された「声明・内閣府『日本学術会議の在り方についての方針』(令和4年12月6日)について再考を求めます」に賛同します。 2023年1月16日 日本18世紀学会幹事会

bottom of page