​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

日本18世紀学会第41回大会(中部大学)

2019年6月8日、9日に愛知県の中部大学にて日本18世紀学会大会を開催いたします。プログラムにつきまして詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。

日本18 世紀学会第41 回全国大会プログラム*.pdf

 日程:6/8(土)・9(日)

 会場:中部大学春日井キャンパス(愛知県春日井市)

 大会責任者:玉田敦子会員


・共通論題I 「思想史とジェンダー」  コーディネーター:安藤隆穂(中部大学)  パネリスト:水田洋(名古屋大学名誉教授・中部大学客員教授)、水田珠枝(名古屋経済大学名誉教授)、渡辺浩(東京大学名誉教授・法政大学名誉教授)


・共通論題II 「《近代》 の形成における古代表象の諸相」

 コーディネーター:玉田敦子(中部大学)、深貝保則(横浜国立大学)  パネリスト:深貝保則(横浜国立大学)、青山昌文(放送大学)、川出良枝(東京大学)、坂本貴志(立教大学)


・レクチャー・コンサート

 コーディネーター:小沼純一(早稲田大学)

 演奏:水村さおり(中部大学)  曲目:バッハ「フランス組曲5番」/ラヴェル「クープランの墓」等


・自由論題

 太田みき   「ショワジー城のギャラリー装飾画―国王をめぐるイメージ戦略と王宮装飾画の変容について」

 大林侑平   「旅行記の啓蒙的機能―18世紀ドイツ語圏における知的文脈を踏まえて」

 斉藤渉

  「啓蒙とフィクション―『ベルリン月報』グロシンガー書簡を中心に」

 坂倉裕治

  「リヨンの印刷業者レギヤによる海賊版『社会契約論』(1762年)制作の舞台裏―旧体制(アンシャン・レジーム)下フランスにおける禁書・海賊版の地下出版と出版統制の綾」

 菅原多喜夫   「マブリ『穀物取引について』の背景」

 杉野駿   「ディドロの「理想的モデル」論:先行する芸術理論の批判と参照点としてのプラトン」

 中澤信彦

  「バーク美学思想の政治・経済思想的含意について」


懇親会  懇親会会場:ホテルプラザ勝川(JR中央線勝川駅北口すぐ)

宿泊について ・ホテルプラザ勝川にて「学会特別プラン」をご用意いただいておりましたが、大変多くのご予約をいただき、8日(土)は満室になりました。7日(金)の夜は若干空室がございます。ご予約は、ホテルプラザ勝川(0568-36-2311[代表])へ直接お電話ください。

・JR中央線の千種駅の近くのホテルに若干余裕があるようですが(↓)、お早めにご予約をいただければと存じます。 https://search.findhotel.net/Hotel/Search?hotelId=1662093&checkIn=2019-06-08&checkOut=2019-06-09&rooms=1&sortField=popularity&sortOrder=ascending&lang=ja

最新記事

すべて表示

国際18世紀学会若手セミナーのご案内

国際18世紀学会は若手研究者の育成を重要な目的として、以下の通り「18世紀の戦時下における認識と記憶」をテーマとした若手セミナーを開催します。 日程:2022年9月25日~30日 場所:オーストリア南部ライプニッツ郡セッカウ城 主催:東南ヨーロッパ18世紀学会(Society for Eighteenth Century Studies on South Eastern Europe) 募集定員:

ハラスメント防止に向けた取り組み

2021年6月26日(土)の総会で承認されました「日本18世紀学会 ハラスメント防止宣言」および「日本18世紀学会 ハラスメント防止ガイドライン」を掲載しました。相談の手順などの詳細は、ハラスメント防止に向けた取り組みのページにてご確認ください。