​最新情報

  • 日本18世紀学会事務局

第16回国際18世紀学会ローマ大会(2023年7月)について

国際18世紀学会の第16回大会は、2023年7月3日(月)から7日(金)までの日程で、イタリアのローマで開催されます。


すでに大会用のサイトが設けられており、発表申込の受付が始まっています。二段階に分けられています。


2022年4月30日~9月15日:パネルとラウンドテーブル

2022年10月15日~2023年1月31日:個人


発表言語は、英語、フランス語、イタリア語です。詳細については、上記の大会特設サイトをご覧ください。また、国際18世紀学会からの案内を受信するため、国際18世紀学会へのメールアドレス登録をなさってください。登録方法については、学会ニュースをご覧ください。


(2022年11月2日付記)

パネルとラウンドテーブルの受付は終了しました。申込者のもとには、ローマ大会事務局から受理の通知が届いていることと存じます。ご確認ください。個人での発表申込は、上記の通り2023年1月31日が締切となっています。


ローマ大会では、若手研究者を対象にした奨学金が用意されています。締切は2022年12月1日と早めに設定されています。詳しい説明は、国際18世紀学会のサイトにあるこちらの案内(英語版フランス語版)をご覧ください。それぞれのページ下部に、申込フォームのWordファイルがあります。それをダウンロードして、指定されたアドレスまでお送りください。

最新記事

すべて表示

ロシアによるウクライナ侵攻に関して、Penelope J. Corfield国際18世紀学会会長が声明を発出しました。原語の英語版とフランス語版に日本語訳を添えて、以下の通り日本18世紀学会のサイトに掲出します。 〔英語版〕 As President of the International Society for Eighteenth-Century Studies, on behalf of