​学会について

学会の紹介

日本18世紀学会は、18世紀という時代を対象に、洋の東西を問わず、
文学、芸術、思想、歴史、政治、経済、科学など
さまざまな切り口から研究する領域横断的な学術団体です。

【ページ上部の絵画について】

18世紀パリのサロンをイメージして、19世紀初頭に描かれたもの。
A.-C.-G. Lemonnier (1743-1824),
"Lecture de la tragédie de l'orphelin de la Chine de Voltaire dans le salon de madame Geoffrin"
(ジョフラン夫人のサロンで開かれた、ヴォルテールの悲劇『中国の孤児』の読書会) 

 

会則及び役員選出に関する細則

 

 

日本18世紀学会の会則その他の規約はこちらでご覧いただけます。

(本学会の会計年度は4月1日から翌年の3月31日です。)

 

 

【 日本18世紀学会会則 】

 

 

 

(名称)

第1条 本会は、日本18世紀学会と称する。

(目的)

第2条 本会は、18世紀に関する学術的研究を目的とする。

(事業)

第3条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業をおこなう。

(1) 研究発表会

(2) 公開講演会

(3) 国際18世紀学会はじめ内外の関係諸学会との交流

(4) 機関誌の発行

(5) その他、前条の目的に合致する事業

(組織)

第4条 本会は、第2条の目的に賛同する会員及び賛助会員(以下、会員等という。)をもって組織する。

(会員及び年会費)

第5条 本会に入会しようとする者は、会員の紹介により幹事会に申しこみ承認をうるものとする。

2 本会は通常のA会員の他に、次世代支援のため、学生または常勤職を持たない者等を対象とするB会員を設ける。

3 A会員は毎年所定の期日までに年会費6,000円を、B会員は毎年所定の期日までに年会費3,000円を納入しなくてはならない。

(賛助会員及び年会費)

第6条 本会は、幹事会の承認によって、賛助会員をおくことができる。

2 賛助会員は、毎年所定の期日までに年会費20,000円(ただし、学術交流団体等、非営利団体は10,000円)を納入しなくてはならない。

3 賛助会員は第3条に定める事業において、出版物の展示、広告、販売をすることができる。

(会員等の資格の喪失)

第7条 第6条第2項及び前条第2項の義務を4年間怠った者は会員等の資格を失う。

(退会)

第8条 会員等は、書面をもって幹事会に通知をすれば退会することができる。

(再入会)

第9条 会員等の資格を失った者が再入会を希望する場合、再度入会手続きを経て再入会を承認する。ただし、再入会の申し込みに際してはあらかじめ最低1年分の年会費を納入しなければならない。

(役員)

第10条 本会に、次の役員をおく。

(1) 代表幹事 1名

(2) 常任幹事 若干名

(3) 幹事 若干名

(4) 会計監査 2名

2 役員は、別の細則の定めるところにより会員中より選出するものとする。

(役員の任期)

第11条 代表幹事、常任幹事及び幹事(以下、代表幹事等という。)の任期は1期2年とし、重任を妨げない。

2 会計監査の任期は1期2年とし、重任を妨げない。ただし、2期4年を超える重任はできない。

3 代表幹事等および会計監査が病気その他の事情により1年以上その職務を離れるときは、補充することができる。

4 前項により補充された者の任期は前任者の残任期間とする。

(代表幹事)

第12条 代表幹事は、本会を代表する。

(常任幹事)

第13条 常任幹事は、代表幹事とともに本会の運営実務を担当する。

(幹事会)

第14条 代表幹事等は、幹事会を組織し、本会の運営方針を審議決定する。

(事務局長)

第15条

(1) 代表幹事は幹事から事務局長を1名選任できる。

(2) 事務局長は事務局を総括する。

(事務局委員、編集委員)

第16条 本会の事務を処理するため、また幹事会を補佐するため以下の委員をおくことができる。

(1) 事務局委員 若干名

(2) 編集委員 若干名

2 事務局委員及び編集委員は、幹事会が任免できる。

(総会)

第17条 本会は、毎年1回総会を開く。

2 総会は予算決算その他重要事項を審議する。

(臨時総会)

第18条 幹事会が必要と認めたとき、または会員の3分の1以上の請求があるときは、臨時総会を開くものとする。

(会則の変更)

第19条 本会則の変更は、総会または臨時総会出席者の過半数の賛成を得なければならない。

附則

本会則は2020年6月29日 から適用される。

1979年制定

1980年改定

1986年改定

1990年改定

2004年改定

2011年改定

2017年改定

2019年改定

2020年改定

 

 

 【 日本18世紀学会の役員選出に関する細則 】

 

 

 

(被選挙権)

 

第1条   被選挙権は、役員投票締め切り時において満63歳を超える者を除く会員が有する。投票締め切りは改選の行われる年の4月1日とする。

 

(辞退権)

 

第2条   被選挙権を有する者のうち、幹事に5期10年連続して就任した者もしくは役員職務の遂行を極めて困難とする事情があると認められた者は辞退することができる。辞退が幹事会で認められた場合は繰上げ当選を行う。

 

(幹事選出のための投票)

 

第3条   会員は、幹事選出のために10名連記で投票を行う。ただし、10名未満の連記による投票も有効とする。

 

2     投票は郵便投票とする。

 

(幹事の選出)

 

第4条   前条により投票された上位得票者10名が幹事として選出され、この10名がさらに5名の補充をするものとする。

 

2     上位得票者第10位に同得票者のあるときは、その人数だけ幹事の増員を認めるものとする。ただし、このことは、補充すべき幹部の人数5名に影響を与えないものとする。

 

(代表幹事の選出)

 

第5条   代表幹事は、幹事の互選によって選出する。

 

(常任幹事の指名)

 

第6条   代表幹事は、幹事の中から若干名の常任幹事を指名する。

 

(会計監査の投票)

 

第7条   会員は、会計監査選出のために2名連記で投票を行う。ただし、連記されていない投票も有効とする。

 

2     投票は郵便投票とする。

 

(会計監査の選出)

 

第8条   前条により投票された上位得票者2名が会計監査として選出される。

 

2     上位得票者第2位に同得票者のあるときは、抽選により選出する。

 

3     前2項により選出された者が幹事に選出された場合は幹事を優先する。

 

(投票結果および新役員の報告)

 

第9条    投票結果および新役員については総会等で報告される。

 

(細則の変更)

 

第10条    本細則の変更は、総会または臨時総会出席者の過半数の賛成を得なければならない。

 

 

 

附則

 

本細則は2019年6月9日 から適用される。

 

2012年改定

2015年改定

2017年改定

 

2019年改定

 

役員

幹事(50音順)

出羽尚

(Takashi IZUHA)

宇都宮大学

(Utsunomiya University)

年報編集

岩佐愛

(Mugumi IWASA)

武蔵大学

(Musashi University)

Web/広報

王寺賢太

(Kenta OHJI)

京都大学

(Kyoto University)

大会

大石和欣

(Kazuyoshi OHISHI)

東京大学

(University of Tokyo)

​大会

隠岐さや香

(Sayaka OKI)

名古屋大学

(Nagoya University)

国際執行委員会派遣委員

金沢文緒

(Fumio KANAZAWA)

岩手大学

(Iwate University) 

Web/広報

川島慶子

(Keiko KAWASHIMA)

名古屋工業大学

(Nagoya Institute of Technology)

ダイバーシティ

小関武史

(Takeshi KOSEKI)

一橋大学

(Hitotsubashi University)

事務局長、会計

斉藤涉

(Sho SAITO)

東京大学

(Tokyo University)

年報編集

坂本貴志

(Takashi SAKAMOTO)

立教大学

(Rikkyo University)

年報編集委員長

武田将明

(Masaaki TAKEDA)

東京大学

(University of Tokyo)

年報編集

玉田敦子

(Atsuko TAMADA)

中部大学

(Chubu University)

国際執行委員会幹事

鳥山祐介

(Yusuke TORIYAMA)

東京大学

(Tokyo University)

年報編集

馬場朗

(Akira BABA)

東京女子大学

(Tokyo Women's Christian University)

​総務

逸見龍生

(Tatsuo HEMMI)

新潟大学

(Niigata University)

代表幹事

会計監査(50音順)

井上櫻子

(Sakurako INOUE)

慶應義塾大学

(Keio University)

川村文重

(Fumie KAWAMURA)

慶應義塾大学

(Keio University)

事務局委員(50音順)

飯田賢穂

(Yoshiho IIDA)

伊藤綾

(Aya ITO)

淵田仁

(Masashi FUCHIDA)

 

会員向け情報 

2020年度総会について

会則第16条の規定により、本学会は毎年1回総会を開いております。例年は大会に合わせて総会を開きますが、今年度は書面形式で実施します。

 

議題は以下の通りです。詳細は郵送した「総会議題について」をご覧ください。報告事項と協議事項に対する意見表明、および協議事項に対する不承認の意思表示は、2020年6月28日(日)までこちらのフォームで受け付けます。この期限までに意思表示をしなかった会員については、原案を了承したものとして扱います

 

〔報告事項〕

1. 会務報告

2. 年会費について

3. 今年度大会(第42回)について

4. 『年報』編集について

5. 国際学会報告

6. 国外18世紀学会との交流

7. 学会YouTubeチャンネル

8. 新入会員の承認

9. その他

 

〔協議事項〕

1. 2019年度会計決算報告

2. 2019年度会計監査報告

3. 2020年度予算案

4. 「日本18世紀学会会則」の一部改定について

5. 次年度大会について

6. その他

 

注記:報告事項4に関して、修正があります。郵送済みの総会議題には、「編集作業自体はとどこおりなく終えている。」と記されていますが、この一文を削除してください。編集作業は現在進行中で、印刷所に入稿する段階にはありません。9月に発行する予定に変更はありません。議題郵送後に修正が生じたことにつき、謹んでお詫び申し上げます。

会費納入について

学会ニュースの発送とあわせて、会費未納の方には、その年数に応じた金額を印字した払い込み用紙を同封させていただいています。学会の活動は皆様の会費によって支えられています。事務局におきましても円滑な学会運営のため、身を引き締め変わらず努力する所存ですが、会員の皆様にはどうか苦しい学会の財政事情をご理解いただき、会費納入にご協力をお願い致します。すでにご存じと思いますが、一般の銀行から郵便振替口座への入金もできるようになりました。


<郵便口座振替で振り込む場合>

口座記号番号:00800-7-183350  口座名称:日本18世紀学会

 

<銀行等から振り込みする場合>
銀行名:ゆうちょ銀行  店名:〇八九店(ゼロハチキュウテン) 
預金種目:当座預金   口座番号:0183350

年会費証明

年会費について証明がお入り用の方は、本ウェブサイトの「日本18世紀学会会則」を印刷してご利用ください。
*本学会の会計年度は4月1日から翌年の3月31日です。

メーリングリスト

日本18世紀学会では、学会や研究会のお知らせ、ヴォルテール財団からの連絡などをメールによって会員の方々にお知らせしております。

配信をご希望の方は、事務局までご連絡をお願いいたします。

 

日本18世紀学会

〒186-8601 東京都国立市中2-1
一橋大学大学院言語社会研究科 

小関武史研究室
日本18世紀学会事務局

Tel. 042-580-9035

Mail: jsecs18[[at]]gmail.com([[at]] を @ に)